診療時間

 
午前 09:00~12:30
午後 15:30~18:30

◎土曜午後:13:30~16:30
◎初診の方の受付終了時間は、診察終了時間の10分前です。

■休診日:木曜、日曜、祝日

診療内容

◆耳鼻咽喉科一般

以下の様な症状でお悩みの患者さんはお早めにご相談ください。

耳の病気

症状 疾患
耳が痛い 耳漏れ、耳がかゆい など 急性中耳炎、外耳道炎、外耳道湿疹など
聞こえが悪い、耳鳴りがする など 突発性難聴、滲出性中耳炎、老人性難聴など

鼻の病気

症状 疾患

透明な鼻水がでる、鼻が詰まる、

くしゃみが止まらない など

アレルギー性鼻炎、急性鼻炎など

黄色い鼻水がでる、

口の中に鼻水が落ちるなど

急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎など
臭いがしない、鼻血が止まらない 嗅覚障害、鼻出血

のどの病気

症状 疾患

のどが痛い、扁桃腺が腫れたなど

急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎など

声がかすれる、声がでないなど

声帯ポリープ、声帯結節など
味がいつもと違う、口の中が痛いなど 味覚障害、口内炎など
飲み込みづらい、食べづらいなど 嚥下障害、咽喉頭腫瘍など

めまい

症状 疾患
くるくる回る、寝返りをするとめまいが起こる、立ちくらみがあるなど メニエール病、良性発作性頭位めまい症、起立性調節障害など

その他

症状 疾患
顔が動かしづらい 末梢性顔面神経麻痺
いびきをかく、睡眠時呼吸が止まる 睡眠時無呼吸症候群

可能な検査・処置

検査項目 説明

電子内視鏡による

咽喉頭の診察

声帯の動きや咽喉頭の腫瘍病変を観察出来ます。

重心動揺検査による

平衡機能検査

体のふらつきの程度を見ることが出来ます。
難聴に対する聴力検査 精密な検査により難聴の程度を精査します。また、補聴器を作成するのに必要な検査も行っています。

画像ファイリングによる

可視的な病状の説明

中耳炎の状態や鼻、のどの炎症の状態を画面所にお見せしながら診察が出来ます。

ネブライザーによる

鼻咽腔処置

-

アプノモニターによる

睡眠時無呼吸症候群の精査

いびきや無呼吸に対する簡易検査を行っています。
アレルギー性鼻炎に対する血液検査による原因精査 スギやブタクサ、ハウスダスト、ダニなど原因物質がわかります。
アレルギー性鼻炎に対する免疫療法→減感作療法 アレルギー性鼻炎を治す現在唯一の治療法です。

詳しい内容は診察のときに相談してください。

医療機器

電子内視鏡 画像ファイリングシステム

電子内視鏡

デジタル式の内視鏡で画面上で鼻や咽喉頭の奥を見ることができます。これにより、通常視覚的に見づらい部位の炎症や腫瘍を見ることができます。

画像ファイリングシステム

各機械で撮ったデータや写真を画面で参照することができます。この事により画面を見ながら患者さんに説明することができます。また時系列に過去のデータと比べることが出来て、病状の経過も把握できます。

聴力検査・テインパノグラム 重心動揺検査

聴力検査・ティンパノグラム

聞こえの具合をチェックしたり、鼓膜の動きを見ることが出来ます。おもに、難聴の方や滲出性中耳炎の方を調べるときに使います。

重心動揺検査

平衡機能をチェックすることが出来ます。

ネブライザー 赤外線眼振モニター

ネブライザー

霧状の薬液を作用させて、鼻や咽喉頭の炎症に作用させる機械です。

赤外線眼振モニター

暗視下で患者さんの目の動きを見ることで、めまいの状態をチェックする機械です。これにより、めまいの状態や疾患の鑑別をすることが出来ます。

アプノモニター

アプノモニター

睡眠時無呼吸症候群のスクリーニングするための簡易検査です。

診療時間

診療時間

休診日診察時間変更
当番医で営業

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

休診日診察時間変更
当番医で営業

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
携帯用ホームページ

QRコード

アクセスマップ